当スクールについて

ステファン・キッセル, D.O.

学校長 兼 学部長

カリキュラムディレクター

TSOOKisiel@gmail.com

Dr. Stephen Kisiel, D.O.

Principal and Dean

Director of Curriculum

TSOOKisiel@gmail.com

事務局長   萩原啓一 先生

財務     土井武志 先生

相談役    橋本正弘 先生

       山本逸ニ 先生

       土井武志 先生

       小川麗子 先生

クリニック  萩原啓一 先生

       山本逸ニ 先生

トレーニング 内田好治 先生

       山口崇 先生

事務局    河野由紀 先生

サイト運営  正木肇 先生

Mr. Keiichi Hagiwara:Secretary General & Clinic

Mr. Takeshi Doi:Finance

Mr. Masahiro Hashimoto:Advisor

Mr. Itsuji Yamamoto:Advisor

Mr. Takeshi Doi:Advisor

Ms. Reiko Ogawa:Advisor

Mr. Itsuji Yamamoto:Clinic

Mr. Koji Uchida:Training

Mr. Takashi Yamaguchi:Training

Ms. Yuki Kono:Secretariat staff

Mr. Tadashi Masaki:WebMaster


WHOの基準について

当スクールのカリキュラムは下記WHOの基準に準拠しております。

https://www.osteopathy.org.uk/news-and-resources/document-library/research-and-surveys/who-benchmarks-for-training-in-osteopathy/


講師紹介 / faculty members

校長 / school principal


DONALD VINCENT HANKINSON, D.O.

ドナルド・V・ハンキンソンDO

1985年、ニューヨーク・オステオパシー医科大学を卒業。在学中に1年間のフェローシップでオステオパシーの原理と実践を修了。1988年に開業し、頭蓋オステオパシーとバイオダイナミック・モデルに重点を置いたオステオパシー診療を行っている。救急医として5年、一般家庭医として15年の臨床経験がある。

 メイン・メディカル・センターのオステオパシー医学部長であり、ポートランド・オステオパシー子どもクリニックの創設メンバーでもある。

 2012年、オステオパシック・クラニアル・アカデミーから、栄誉あるサザーランド記念講演を依頼された。この講演は後に、フランス語とイタリア語に翻訳された。2018年には、オステオパシック・クラニアル・アカデミーのフェローに認定された。2023年にはイギリスのSCCOに招かれ、年2回開催されるローリン・ベッカー記念講演の12人目の講演者となる。

 1990年にジェームス・ジェラスDOのもとで学び始め、2004年から頭蓋オステオパシーへのバイオダイナミック・アプローチのコースを教え始めた。また、オステオパシーの学生や研修医に低価格で肩ひじ張らずに学べる機会を提供するバイオベーシックス・プログラムが1991年に開始されて以来、その講師を務めている。

1989年から、アン・ウェールズDOが率いるニューイングランド・スティル・サザーランド・スタディー・グループで学び、2005年に彼女が亡くなるまで、そのスタディー・グループで教えてきた。また、長年にわたり、OCA、SCFT、AAO、MOA、UNECOMなど、アメリカの多くのオステオパシー団体で教え、また、イギリス、フランス、ベルギー、イタリアのオステオパスたちにも教えてきた。

Donald V Hankinson, DO, graduated from The New York College of Osteopathic Medicine in 1985 after completing a 1-year Fellowship in Osteopathic Principles & Practice. He has been in practice since 1988, providing consultations for Osteopathic care, with an emphasis on Cranial Osteopathy and the Biodynamic model. His clinical experience also includes 5 years as an Emergency Medicine physician and 15 years as a General Family Practitioner.

He is the Director of The Division of Osteopathic Medicine at Maine Medical Center and is a founding member of The Portland Osteopathic Children’s Clinic, which provides free Osteopathic care to children who are uninsured.

In 2012, the Osteopathic Cranial Academy bestowed upon him the great honor of presenting the Sutherland Memorial Lecture, which has since been translated into both French and Italian. In 2018, he was recognized as a Fellow of the Osteopathic Cranial Academy. And in 2023, he was invited by the SCCO in England to be the 12th presenter of the bi-annual Rollin Becker Memorial Lecture.

Donald began studying with James Jealous, DO in 1990, for whom he began teaching courses in The Biodynamic Approach to Cranial Osteopathy in 2004. He has also been faculty for the Biobasics program since its inception in 1991, which is designed to offer Osteopathic students and residents an affordable and informal setting for learning.

Donald has studied and taught with the New England Still-Sutherland study group since 1989, which was led by Anne Wales, DO until her passing in 2005. He has also been privileged to teach, over the years, for numerous Osteopathic organizations in the US, including the OCA, SCFT, AAO, MOA, and UNECOM, as well as, to Osteopaths in England, France, Belgium and Italy.

オステオパシー:治癒に関する神聖な科学

 Dr.アンドリュー・テイラー・スティルは、オステオパシーが依拠する原理についても、この治癒の科学の潜在的な可能性を発揮するためオステオパスが取るべき道についても、非常に明確なビジョンを持っていました。だから私は、スティルが自分の発見について述べた定義をいつも心に留めています。スティル曰く、オステオパシーとは、「征服や人気や権力のための戦いではありません。愛と真実と人間性のための積極的なキャンペーンなのです」。「人間の手によって組み立てられたものではない法則」を患者の治療と自分の人生に適用する際に私を導いてくれた、実践的で信頼できる指標をここで紹介します。

 Dr.スティルにオステオパシーという天啓を与えたのは、愛(Love)でした。私たちがオステオパスとして探し求めるヘルス(健康、健全)とは、神の愛が自然界に具現化し、生きている人間という生命体に表現されたものです。愛は私たちの旅の中心にあります。それは、患者が癒しを見出せるよう手助けする私たちの道を導く光です。私たちの思考、言葉、行動は、そこに愛が注がれている分だけ、Dr.スティルの神聖な科学が本当に表現されたものとなります。

 ですが、このオステオパシー治療をどのように提供するのかという問いは残ります。Dr.スティルは、「治療」の意味は一つしかない、と言いました。それは、「自分が正しいことを知り、それに従って自分の仕事をすること」です。そして、その指針を与えてくれるのは、自然の真理であり、生命の形と機能のすべてに内在する生きた原理なのです。私たちが真に奉仕できるのは、自分自身を「自然の真理に溶け込ませ、自然の真理と調和しながら旅している」ときだけです。このサービス(奉仕)は、生きた解剖学と生理学に関する徹底的な知識に加え、たゆまぬ学びと探求への飽くなき専心に基づいていなければなりません。

 神の意図が表現され続けている存在として患者を見ることができれば、オステオパシーの真の目的という根本的な問題が明らかになります。人類へのサービス(奉仕)への献身こそが、私たちの愛と自然の真理を意味あるものにします。Dr.スティルは、学生たちに次のように助言しました。「私たちは、苦しんでいる人々に、健康と快適さ、平和と幸福、痛みからの解放を、すべての人に対する善意とともに、日々与えているという真実に誇りを持っています。これは、私たちの学校の唯一の目的であり、私たちはこれを、曇りなく純粋に維持するため努力しなければなりません」。オステオパシーの科学は、究極的には、人類への献身を通じてその真の意味を導き出し、明確な方向性を獲得していくのです。

オステオパシーのギフトに関する約束は、理論的な領域だけに留まったり、構造の不均衡の解消に限定されたりすると、働かなくなります。この治癒の科学は、生命そのものの奇跡との生きた関わりを通してのみ、本物になるのです。

Osteopathy: The Sacred Science of Healing

Dr. Andrew Taylor Still was quite clear about his vision of the principles upon which Osteopathy stands and regarding the path the Osteopath must take to allow this science of healing to realize it’s potential. So I have always taken to heart the definition he offered of his discovery. Osteopathy, he told us, is “not a war for conquest, popularity or power. It is an aggressive campaign for Love, Truth, and Humanity.” Here, then, are the practical and trusted reference points which have guided me in applying the “Laws not framed by human hands” in the care of my patients and in my life.

It was Love which provided Dr. Still with the inspiration for his discovery of Osteopathy. The Health we seek to find as Osteopaths is the incarnate expression of God’s Love manifest in the natural world and the living human organism. Love is at the heart of our journey and is the Light which guides our way in assisting our patients to find healing. To the extent to which our thoughts, words, and actions are infused with Love, they are an authentic expression of Dr. Still’s sacred science.

Yet, the question remains, how do we provide this Osteopathic care? Dr. Still told us that “To Treat” had but one meaning, “to know you are right and do our work accordingly.” And it is nature’s truths, the living principles inherent in all of Life’s form & function, that will provide that guidance. It is only when we “blend ourselves with, and travel in harmony with, nature’s truths”, that we can truly be of service. This service must be grounded in a thorough knowledge of the living anatomy and physiology, as well as, an uncompromising fidelity to ongoing learning and exploration.

Once we can see our patients as an ongoing expression of the Divine Intention, the fundamental issue of the true purpose of Osteopathy is revealed. It is our devotion to the service of Humanity, which gives meaning to our Love and Nature’s Truth. Dr Still advised his students, “We pride ourselves on the truth that we are daily giving to suffering humanity, health and comfort, peace and happiness, relief from pain, with good-will toward all men. This is the sole object of our school, and we should strive to maintain it in its stainless purity.” The science of Osteopathy ultimately derives its true meaning, and acquires its clear direction, from its devotion to Humanity.

The promise of Osteopathy’s gift will lie fallow if left only in the theoretical realm or when limited to the resolution of structural imbalance. This healing science only becomes real through its living engagement with the miracle of Life itself.